医者の卵🥚の日常

1mmでも誰かのためになる知識を紹介!

阪神タイガース 平成最強の時代 ~2003年~

 今年 2018年 阪神タイガースは悔しくも最下位に終わってしまいました。。。

 

 しかし、こんな阪神タイガースですが

2003年や2005年とかはめちゃくちゃ強かった!!本当に。

 

 今回はそんな2003年の阪神タイガースのチームを振り返ってみましょう。

 

 

87勝51敗2分 セリーグ優勝🏆

 

ベストオーダー

 

1番 セカンド 今岡選手  .340  12本塁打 72打点

 

2番 センター 赤星選手  .312  1本塁打 35打点 61盗塁 

 

3番 レフト 金本選手  .289  19本塁打 77打点

 

4番 ライト 桧山選手  .278  16本塁打 63打点

 

5番 ファースト アリアス選手  .265  38本塁打 107打点

                                                

 6番 サード 片岡選手  .296  12本塁打 55打点

 

7番 キャッチャー 矢野選手  .328  14本塁打 79打点

                                             

 8番 ショート 藤本選手  .301  0本塁打 36打点

 

9番 ピッチャー 井川選手  20勝5敗  防御率2.80

 

 

 

まぁこれだけ見ても強さがわかりますよね。

 

控えには、濱中選手(11本塁打) や 代打の神様 八木選手 や 広澤選手 など選手層が厚いです。

 

投手でいうと、

 

先発

 

井川選手 20勝5敗 2.80

伊良部選手 13勝8敗 3.85

ムーア選手 10勝6敗 4.35

下柳選手 10勝5敗 3.73

藪選手 8勝3敗 3.96

 

と、10勝以上の投手が4人とかなり安定してました。

 

 

中継ぎ•抑え

 

安藤選手 51登板 防御率 1.62

ウィリアムス投手 52登板 25セーブ 防御率 1.54

 

この二投手がきっちりと勝ち試合を抑えていきました。

 

 

 2003年は阪神の若手選手が台頭してきたのと金本選手、伊良部選手、下柳選手が阪神に移籍したことにより、熟練者と若手がうまくかみ合い、この年以降強い阪神が作られていきました。

 

 

さて、この年の阪神のタイトル獲得者は•••

 

 

MVP 井川選手

 

最多勝 井川選手

 

最優秀防御率 井川選手

 

沢村賞 井川選手

 

最高勝率 井川選手

 

首位打者 今岡選手

 

盗塁王 赤星選手

 

ベストナイン賞 井川選手 矢野選手 赤星選手

                          アリアス選手 今岡選手 

 

ゴールデングラブ賞 矢野選手 アリアス選手

                                 今岡選手 赤星選手

 

 

めちゃくちゃ受賞しています!

 

そりゃ強いわ笑