医者の卵🥚の日常

1mmでも誰かのためになる知識を紹介!

3年A組ー今から皆さんは、人質ですー 私の中で3本の指に入るドラマの名作。登場人物から徹底解説!( 今ならhuluで無料で見れる!)

ど^^も。

今回は3年A組ー今から皆さんは、人質ですー 私の中で3本の指に入るドラマの名作。登場人物から徹底解説!( 今ならhuluで無料で見れる!)

を紹介していきたいと思います。

 

3月10日にとうとう最終回を迎えてしまった3年A組。

最終話も期待通り、ワクワク・感動させてくれる話でした。

なんと最終話は最高視聴率が15.4%!!

ドラマとしてはめちゃくちゃ高い視聴率です。

また、最終回放送後、huluにてオリジナルストーリーの配信がスタート。

 

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

 

このオリジナルストーリーでは、3年A組の生徒たちの卒業式など、ドラマの中では描かれていなかった場面を見ることができます。

今なら、2週間無料で見れるので、是非登録してご覧ください! 

 

私がこのドラマにハマった理由

 普段ドラマを見ない私ですが、

「今から皆さんは、人質です」というサブタイトルに惹かれ第1話を見てどハマりしました。

サスペンス映画が大好きな私にとって、このタイプの話は興味深く、毎週かじるように集中して見ていました。

伏線が多く、謎解きドラマっぽい中で、さらに視聴者に訴えかける現代問題。

うまく作られたドラマです。

 

それでは主な登場人物の解説をしていきましょう。

 

主な登場人物の解説

柊一颯(菅田将暉)

本ドラマの主人公。

3年A組の担任で美術教師。 

生徒29人を人質にとり、学校に立てこもる。

しかし、その立てこもったのには深いわけがあった。

 

武智大和(田辺誠一)

TVに引っ張りだこの超有名高校教師。

世間の評価は高い。

しかし、裏の彼はものすごく黒い人間。

相楽文香・景山澪奈のフェイク動画を作るよう指令した張本人。

 

相楽文香(土村芳)

以前、柊と同じ高校の教師をやっていた際に、武智の悪事を発見。

武智にそれを追求するが、逆にフェイク動画を作られ、心を病む。

柊はこのことをずっと心残りにしている。

 

相楽孝彦(矢島健一)

文香の父親。

柊がかつて勤めていた撮影所の社長。

文香の件もあり、今回の柊が起こした事件を手伝う。

 

五十嵐徹(大友康平)

捜査一課のベテラン理事官。

実は、文香の実の父親であり、密かに柊の事件に加担。

 

郡司真人(椎名桔平)

今回の立てこもり事件の担当になった刑事。

以前は教師であったが、暴行事件で担当生徒を死なせてしまい、警察に転職。

最終話では、柊の考えに同情するものの、警察の立場上逮捕する。

 

茅野さくら(永野芽郁)

このドラマのヒロイン。

澪奈を助けてやれなかったという後悔をずっと抱いていたが、

柊が起こしたこの事件によって、考え方を変えていく。

 

宇佐美香帆(川栄李奈)

第2話のメイン人物。

澪奈の友人であったにもかかわらず、さくらと仲良くすることへの嫉妬心から、澪奈への嫌がらせを続け、苦しませ続けた。

捏造動画を「Mind Voice」に投稿した人物。

 

甲斐隼人(片寄涼太)

第4話のメイン人物。

ベルムズに騙され、澪奈を危険な目に合わせてしまう。

学校一の不良であるが、実は家族思いの優しい生徒。

 

景山澪奈(上白石萌歌)

このドラマのメイン人物。

ドーピング疑惑のため、誹謗中傷をSNSなどから受け、心を病み自殺。

この事件を元にして、柊が生徒たちを改心させていく。

 

里見海斗(鈴木仁)

第3話のメイン人物。

澪奈に告白するが、フラれたため、澪奈を苦しませようと、甲斐に唆されフェイク動画の元となる動画を撮影。

 

諏訪唯月(今田美桜)

第5話のメイン人物。

芸能事務所に所属したいがために、ベルムズとつながりを持つ。

 

瀬尾雄大(望月歩)

第7話のメイン人物。

武智の甘い言葉に乗せられ、推薦入学の切符を手に入れるが、武智の推薦枠の裏を知り、自分で頑張っていく道を選ぶ。

 

 

それでは次にこのドラマの良かったところをあげていきます。

このドラマの良かったところ

現代のSNS問題に疑問を投げかけている

澪奈が自殺した本当に犯人は、SNS。

このドラマではSNSの情報に踊らされて、世間の人々は好き勝手に誹謗中傷を行う。

これは現代社会にも言えるのではないか。

Twitter・Lineなどでの特定の人への悪口

SNSでの悪口に苦しんでいる方も最近では多い。

特に、中高生はSNSを使うことで相手を誹謗中傷し、それが原因で不登校になる生徒もよくいる。

このドラマで出てくるMind Voiceはそれを現している。

 

社会的に良くない動画などをSNSにアップしたがために、それが拡散されること

これは最近頻繁に起こっている。

有名チェーン店でのアルバイト店員によるおふざけが、SNS上にアップされ、瞬く間に拡散され、当本人は痛い目あっている。

やってはいけないことがわからないのであろうか。

あと、SNSに挙げることの怖さを若い学生達は気付いていない。

それをこのドラマは物語っている。

 

本ドラマに散りばめられている伏線

このドラマには多くの伏線が散りばめられています。

いくつか紹介します。

柊が眼鏡を外している時は、それは本心ではない

これはドラマの中盤で柊が放った言葉ではあるが、

それが最終話にも効いてくる。

一見、柊は自分から自殺しようと見えるが、実はその時は茅野を改心させるための演技に過ぎなかった。

みなさん気付いていましたか?

私はメガネを外した理由がすぐにはわかりませんでした(笑)

生徒が発言してようやく納得しました・・

 

柊が2話でおにぎり30個を注文

柊は生徒の前で、中尾は死んだと言ったが、それならばおにぎりは29個でいいはず。

3話で中尾が生きていたことがわかる。

 

柊が4話で薬を飲む

5話で柊は生徒に自分の病を告げる。

余命はあと少ししかないということを生徒達は知る。

 

柊がさくらにこの事件を最後まで見届けろと言う

さくらはこんな事件を起こす柊を止めようとするが、柊はさくらに最後まで見届けろと諭す。

最終話でさくらが澪奈の手を離してしまった場面と同じ場面になり、そこで柊はさくらの後悔の念を改心させる

 

などなどです。

それぞれの生徒の顔をチェックするのも面白いですね。

不穏な面持ちをしている生徒はだいたい何か隠していますから。 

 

このドラマは奥が深いです。

話の構成もしっかりしていて、なおかつ現代社会への疑問も投げかけている。

名作ドラマだなと感じました。

 

私はすでに登録していますが、huluオススメです!

第1〜最終話+オリジナルムービーが見れます!

是非この2週間トライアルだけでもしてみてください!