医者の卵🥚の日常

1mmでも誰かのためになる知識を紹介!

【プロスピA】リアルタイム対戦 オススメ投手・野手 これらの選手をオーダーに入れてみよう! 勝率がグンと伸びるはず! 2019 Series1 随時更新中!

 ど^^も。

今回は、【プロスピA】リアルタイム対戦 オススメ投手・野手 2019 Series1

を紹介していきたいと思います。

 

ついにNPB新シーズンが開幕しました。

それに伴いプロスピAも2019年度版に切り替わりました。

退団した選手もいれば、新加入の選手もたくさんいます。

 

2019年度になって初めて『プロスピA』をプレイし始めた人もいるでしょう。

そこで今回は、2019Series1に限って、オススメの選手を挙げていきたいと思います。

オススメ度は星5と星4で分けています。

投手・野手部門でも分けました。

 

ちなみに現在の私のオーダーと勝率なども載せておきます。

こちらが野手。

こっちは投手。あんまし育っていません・・

そしてここ最近のリアタイの調子。

なかなかいい感じです。

とまぁ今から私が紹介する選手の中で、私のオーダーに入っている選手もいれば、入っていない選手もいます。

あくまで個人的な評価でありますので、選手の起用などについてはご自分で最終的には判断される方が良いと思います!

野手

 

オススメ度☆☆☆☆☆

 

捕手:森友哉選手

現役捕手の中で最も打てる打者ではないでしょうか。

ミート・パワーが同値でB75、走力もB72。

捕手としては最高クラスの打撃能力です。

2019年度からスローイング・肩力もBに上がったので、より起用しやすくなりました。

 

捕手:阿部慎之助選手(TS.ver)

2012年の阿部選手。打率.340 本塁打27 打点104で首位打者・打点王のタイトルを獲得。MVPも獲得しました!

ミートA84 パワーB79  弾道:パワーヒッターなので打撃能力は最高クラス。

守備面でも守備力・捕球・スローイング能力が全てBなので捕手としてもまぁまぁな能力。

 

一塁手:山川穂高選手

6月現在、セ・パ通じて最多本塁打男。

今シリーズから弾道がなんとアーチストに!!

さらにミートB73、パワーA85!

ホームラン量産型長距離砲です。

ただ、ファーストなのに捕球がFなので、DHとしての起用になるか・・・ 

 

一塁手:ロペス選手

ファーストとして最高の選手ではないだろうか・・・・

ミートB78,パワーA81。

そしてなんと、捕球がA85!さらに守備力・スローイングもB!

リアタイでは守備でも見せてくれそうです。

 

一塁手:ビシエド選手

去年大ブレイクしたビシエド選手。

首位打者と最多安打のタイトルを獲得。

ミート・パワーが両方Aという最高クラスの打者。

ただ、今シリーズから弾道が高弾道になってしまいました・・・

 

二塁手:浅村栄斗選手

3年連続全試合出場中。

去年、32本塁打・127打点を叩き出し、ベストナインと打点王を獲得。

ミートB79、パワーA80、走力B71。

二塁手として、十分すぎる打撃力です。

 

二塁手:山田哲人選手

去年、3度目のトリプルスリーを達成した超超超人。

ミートA80、パワーA82、走力A82。オールA。

パワーヒッターのため、ホームランも軽く狙えます。

私が今最も欲しい選手!

 

二塁手:井口資仁選手(TS.ver)

打率.340 本塁打27 打点109 盗塁42 という凄すぎる成績をあげた2003年。

ミートA83 パワーB78 走力A82、山田哲人選手のパワーを下げてミートを上げた感じの選手です。

弾道は高弾道。守備能力はオールC。代走からの出場などでもOKでしょう。

 

三塁手:小笠原道大選手(TS.ver)

日本ハム時代の小笠原選手。

メチャクチャ打っていた時代。

打率がなんと .360

ミート・パワーがA、弾道もパワーヒッター。

三塁手が欲しいプレイヤーは是非欲しい選手!

 

三塁手:中村剛也選手(TS.ver)

48本塁打を放って本塁打王を獲得した2011年度版のおかわり君。

弾道アーチストなのに加えて、パワーはなんとA87!

ホームラン打てること間違いなし。

ミート・走力もCなのでリアタイでDH枠で使えることでしょう。

ただ、超特殊能力である『おかわり』は試合でホームランを打っている時のみ有効なので、なかなか発動しにくいかもしれません・・・・

 

三塁手:原辰徳選手(TS.ver)

MVPを獲得した1983年度の原選手。

弾道:アーチストでパワーがA81。

ミートもB78あり、称号次第で同値も可能。

三塁手は強打者が多いですねぇ・・・

 

遊撃手:中島裕之選手(TS.ver)

2009年、西武時代の中島選手。

メチャクチャ打っていた時代です。

弾道がアーチスト、打撃能力オールB。

アーチストの遊撃手は現在、この中島選手のみです。

ホームランも量産間違いなし!

 

遊撃手:坂本勇人選手

ミートA83、パワーB76、走力B75と遊撃手としては最高クラス。

守備力・肩力もAと、攻守に渡って大活躍間違いありません。

ただ、高弾道のため、ホームランをそこまで頻繁には打てないでしょう。

 

中堅手:柳田悠岐選手

間違いなくプロスピA史上最高打撃能力の持ち主。

ミート・パワー・走力オールAに加え、弾道もアーチスト

守備力もCに上がり、コンボも組みやすくなりました。

早く怪我から復帰して、大活躍して欲しいですね! 

 

中堅手:丸佳浩選手

今年、巨人に移籍した丸選手。

ミート・パワーがA、走力もB。

今回から、ミート<パワーになったので、コンボの組み方が変わってくるかもしれません。

今年もMVPお願いします。

 

中堅手:緒方孝市選手(TS.ver)

ミート・パワー・走力全てB79の3同値!

守備能力も右・中・左全てB。

捕球・スローイングもBで肩力はA81!!

コンボも組みやすいし、手に入れておきたい選手。

 

右翼手:バレンティン選手(TS.ver)

2013年の、打率.330 本塁打60本 打点131。

とにかく打ちまくっていたバレンティン選手。

ミートA81、パワーA89!!

現在のところプロスピA史上最高のパワー値です。

2019Series1verでもパワーはA83あるので十分起用できます!

 

右翼手:福留孝介選手(TS.ver)

2006年、中日時代の全盛期の福留選手。

打率.351 本塁打31 打点104 でMVPを獲得。

ミートA・パワーA・走力Bという文句なしの打撃能力。

守備力もA、かつ捕球A・スローイングS・肩力Bと、守備力も最高クラス。

ただ、弾道が高弾道のためホームランはやや打ちにくいかもしれません・・・

 

右翼手:鈴木誠也選手

カープの若き4番。

ミートA80、パワーA81、走力B72、パワーヒッター。

現在の私のライトのスタメンです。

肩力もA88でバズーカー。

捕球も、2018年度はFだったのが、E49まで上がり起用しやすくなりました。

 

左翼手:吉田正尚選手

去年全試合出場達成。打率.321本塁打26でベストナインを獲得。

弾道:アーチスト、ミートA80、パワーB78でホームラン量産!

フォロースルーもメチャクチャかっこいい!!

 

左翼手:筒香嘉智選手

ハマの4番。

弾道:アーチスト、ミートB78、パワーA83ととてつもない打力!

ピンポン球かのようにボールが飛んでいきます。

守備力は普通なのでDH起用もアリでしょう。

 

オススメ度☆☆☆☆

捕手:甲斐拓也選手

甲斐キャノンの持ち主。

日本シリーズで6連続盗塁阻止は記憶に新しいところ。

見事にその方が反映されていまして、肩力はなんとS94!!

スローイングもA84。

盗塁される心配はまずないでしょう。守備固めで起用するのも良いかと。

 

一塁手:栗原健太選手(TS.ver)

2008年度の栗原選手。144試合全てで4番出場。

ミートA82、パワーB76でパワーヒッターなので、ホームラン余裕で打てます。

純正カープのプレイヤーにとっては是非欲しい選手!

 

一塁手:岡本和真選手

去年大ブレイクした巨人の和製右大砲。

ミートB76、パワーA80と十分な能力。

チャンス◎を持っているのも良い。

今年はまだ本調子とまではいきませんが、シーズン終盤に向けてどんどん調子を上げてほしいものです!

 

二塁手:外崎修汰選手

西武の超ユーテリティープレーヤー。

ファースト・キャッチャー以外全てのポジションを守れ、足もあり、長打力もある。

ミートB76、パワーB75、走力B78。

代走からの守備要員としても起用できます。

 

二塁手:ソト選手

去年、107試合の出場ながらも、本塁打41本を放ち、見事本塁打王を獲得。

パワーA83と、二塁手で最も高いパワーを誇ります。

今年もすでにホームラン量産中!

 

三塁手:中村剛也選手

おかわり君こと、中村選手。

去年は97試合で28本塁打を打ちました。

パワーがA83でかつアーチストなので、ホームラン大量生産間違いなし!

体型に見合わず、走力もC65あります。

 

三塁手:松田宣浩選手

熱男、松田選手。

去年は打率こそ低いものの、本塁打は32本。

能力値もしっかりとパワーはA80です。

また今回から、弾道がラインドライブからパワーヒッターに変わっているので、以前より起用しやすくなりました。

守備力が高いのも良い。

 

三塁手:宮崎敏郎選手

天才的バッティング力の持ち主。

去年は本塁打大幅増で28本塁打。

ミートがA82、パワーがB77でかなり良い値。

またサード以外にも、セカンド・ファーストも守れます。

 

左翼手:ラミレス選手(TS.ver)

巨人時代のラミレス選手。

本塁打王・打点王の2冠を獲得した時代。

ミート78B、パワーA85で打者として最高クラス。

ただ守備力が残念なほど低いので、指名打者としての起用になりそうです。

 

中堅手:秋山翔吾選手

走攻守3拍子揃ったスーパー外野手。

ミートA85、パワー・走力共にB77

守備力が少し下方修正されましたが、どれでもB79

ただ弾道が高弾道なため、オススメ度を4とさせて頂きました。

 

中堅手:西川遥輝選手

足が速すぎる・・・

西川選手。

なんとA87!!

スタメンでも良いですし、代走要員として使うのもオススメ!

守備力もAに上昇したので、そのまま守備要員で起用するのも良い!

 

中堅手:陽岱鋼選手(TS.ver)

ミートB76,パワーB76,走力A80、守備力A80!

2代目SHINJO的な選手ですね。

守備固め・代走要員としても起用できますし、リアタイでスタメンとしても十分に起用できます。

 

右翼手:平田良介選手

去年、打率.329でリーグ3位の打率。

ミートA80、パワーB71、走力B74。

また守備力も非常に高く、守備固めとしたも起用できます。

 

右翼手:糸井嘉男選手

去年、36歳にも関わらず、打率.308、22盗塁を記録。

まだまだ『超人』です。

ミートB79、パワーB76、走力B79。オールB。

さらに称号を付ければ3同値も可能!

ただ、ラインドライブなのでホームランは狙いにくいでしょう。

 

右翼手:糸井嘉男選手(TS.ver)

オリックス時代の糸井選手。

4年前の糸井選手になりますね。

能力は現在よりも最強。

ミート・走力が同値でA82。パワーもB74で高い。

この頃は守備力もBあり、肩力がなんとS92!

『超人』だ・・・・

 

左翼手:ゲレーロ選手

去年は不発に終わったゲレーロ選手。

それでも能力値はパワーがA80あります。

十分ホームランも狙えるので起用する価値ありです。 

 

投手

 

オススメ度☆☆☆☆☆

 

先発:菅野智之選手

日本球界の大エース。

リアタイで最も使用されている投手。

使い方はプレイヤー次第。

とりあえずプロスピA最強投手です。

 

先発:西勇輝選手

今年阪神へ移籍しました。5度目の2桁勝利を達成しており実績十分!

8球種、全方向への球種を持っている投手。

カットボール、高速スライダーを持っているのに加え、ストレートがややシュートの変化し、高速シュートも持っています。

変化球の使い分けでゴロの山を築きましょう。

 

先発: 千賀滉大選手

3年連続で2桁勝利を達成している投手。

通称『お化けフォーク』の使い手。

真ん中から投げてもボール球になる程の変化量。

また、スロースライダー・カットボールも持っているので、横の変化でも相手打者を翻弄できます。

球速も現在は155kmですが、開幕戦で160km越えも記録しているので、さらにプロスピAでの能力が伸びると思われます。

 

先発:ボルシンガー選手

去年、チームトップの13勝、外国人投手タイ記録となる11連勝を達成し、最高勝率のタイトルを獲得。

8球種を持っており、ツーシーム・スライダー・カットボール持ち。

球威もA80まで上がるので、ストレートで詰まらせることもできます。

また、なんとこのシリーズから彼のストレートはスライダー変化をします。

ツーシームとの見分けづらさMAX!

 

先発:則本昂大選手

6年連続2桁勝利。5年連続で最多奪三振のタイトルを獲得。

楽天の完全なるエースです。

ストレートはMAX157km、フォークとSFFの使い分け。

またチェンジオブペースが効果的に使えます。

スラーブを低めのストライクゾーンからボールゾーンへと変化させるのも良いと思います。

 

先発:金子千尋選手

なんと10球種も持っている金子選手。

今年からは日本ハムのユニフォームで戦います。

ツーシーム・SFFの低めからの使い分け、スライダー・カットの使い分け、大きく曲がるDカーブ、さらには対ピンチ◎まで持っています。

かなりオススメな投手!

 

先発・中継ぎ:山岡泰輔選手

彼の必殺縦スライダーは来るとわかっていても打てないボール。

縦カット・チェンジオブベースも打ちにくい。

さらに8球種もあるので相手打者はてんてこ舞い。

しか〜し、今回のシリーズからDカーブが無くなりました・・・・

それだけが残念。。。

 

中継ぎ・抑え:益田直也選手

去年、70試合登板で通算400試合登板を達成。

シンカーの変化量が多いのに加え、スラーブ・カットボールも持っています。

ツーシームもあるので鬼に金棒か。

 

中継ぎ・抑え:マシソン選手

去年は怪我の影響もあり、フル回転とはいきませんでしたが、豪腕ぶりはいまだ最強。

球威抜群のストレート・ツーシーム、変化量の多いスライダー・SFF。

中継ぎ・抑えどちらにも起用できます。

 

中継ぎ・抑え:山崎康晃選手

4年目の若きハマの抑え。去年通算100Sを突破。

変化量の異なるツーシームがなんといっても魅力。

ツーシームを張っている相手には、たまにスライダーを投げて空振りをとりましょう!

 

 

オススメ度☆☆☆☆

 

先発:山口俊選手

去年、ノーヒットノーランを達成しました。

ワンシーム、変化量の大きいフォーク、球威十分のストレート。

全部で球種が7種あるので、相手打者を翻弄しましょう!

 

先発:石川歩選手

彼の魅力と言えば、2種類のシンカー。

変化量の多い遅いシンカーと、変化量の少ない速いシンカー。

この組み合わせと、スライダー・カットボールの組み合わせで大体打ち取れます。

 

先発:大瀬良大地選手

去年最多勝と最高勝率のタイトルを獲得。

カットボール・スライダー、縦カット・SFF、と見分けにくい球種を多く持っています。

また、球威・制球共にA80のもコンボが組みやすい。

 

先発:小川泰弘選手

ライアン小川選手。

カットボール・スライダー・ツーシーム持ちなのが利点。

しかし、今回から球威が下方修正され、3同値ではなくなり、制球・スタミナの2同値になってしまいました。

 

先発・中継ぎ:吉川光夫選手

パワーカーブ・Dカーブとカーブ系を2種類持っているのに加え、ツーシームも持っています。

武田翔太投手と同じような投球の組み立て方で打ち取っていきましょう。

  

先発・中継ぎ:榎田大樹選手

去年、阪神から移籍するやいなや先発に定着し、11勝をマーク。

全方向への球種を持っているのに加え、スライダー・カットボール持ち。

また、榎田投手の特徴といえば、94kmのフォーク。

チェンジアップのような使い方をしましょう。

このフォークなんですが・・・ 

実は敢えて失投にしてメチャクチャ遅い球にするのも良い。

これが失投なのになかなか打てないんですよ・・・

 

先発・中継ぎ:石川柊太選手

去年、先発・救援をこなし、13勝を挙げたソフトバンクの投手。

球威抜群のストレート、緩急をつけたパワーカーブ、横変化はスライダー・カットボールを使い分けて打ち取りましょう。

 

中継ぎ:宮西尚生選手

去年、11年連続で50試合登板を達成している最優秀中継ぎ投手。

宮西選手の特徴と言えば、変化量の異なる2種類のスラーブ。

大きく曲がるものと小さく曲がるもの、どちらも同じ球速なのでより打ちづらい・・

ワンポイントリリーフとして最高の投手です。

 

中継ぎ・三上朋也選手

去年は65試合に登板したハマの中継ぎ。

高速スライダー、縦スライダーの2種類のスライダーの使い分け、またムービングファストも持っているのでなかなか狙い撃ちしずらい投手です。

 

中継ぎ:松永昂大選手

6年間でなんと300試合に登板した、ロッテの中継ぎエース。

ツーシーム・スライダー・カットボールを持っているのに加え、変化量の多いスラーブもあります。

あまり使っているプレイヤーを見かけませんが、私はリアタイで十分使える投手にだと思います。

 

中継ぎ:浅尾拓也選手(TS.ver)

79試合に登板、防御率0.41、45Hを記録し、MVPを獲得した年。

ストレートがバリ速いし、変化球のキレも凄かった。

スライダー・フォーク・パームがどれも使えるレベルの変化量。

特にパームを支える投手は少ないので貴重な投手です。

 

中継ぎ・抑え:ヒース選手

去年途中から日本球界復帰。

西武の抑えを見事果たしました。

ストレートの球威も十分で、ツーシーム持ち、変化量の多いスライダー、ナックルカーブもあります。

 

中継ぎ・抑え:久保裕也選手(TS.ver)

2011年度の久保投手。

67試合に登板し、防御率1.17と大車輪の活躍。

ツーシーム持ちで、カットボール・スライダーもあり、球威Aのフォークも持っています。

 

抑え:中崎翔太選手

去年は、2年ぶりに30S越えを達成。

スライダー、高速シュート、ムービングファストの使い分けで打ち取っていきましょう。

 

抑え:ドリス選手

来日3年間で77Sをマークしている阪神の抑え。

球威もA80まで伸びます。

変化球の球種は少ないものの、ツーシームの変化量が多く、SFFもかなり落ちるのでそれらを低めに投げ分けて三振の山を築き上げましょう!

 

 

 

 

どんどん選手が追加されるにつれて、この記事も随時更新していきます。

リアタイで勝利を積み重ねましょう!