医者の卵🥚の日常

1mmでも誰かのためになる知識を紹介!

【神戸:南京中華街】老舗の名店『老祥記』には必ず行こう! 並んでも食べたい豚饅頭No.1!

ど^^も。

今回は、【神戸:南京中華街】老舗の名店『老祥記』

について紹介していきたいと思います。

 

「老祥記の豚まん」

関西人ならば、人生で一回は聞いたことがあるくらい有名な豚まん。

 

とにかく美味しい!

肉汁がたっぷりでアツアツ!

食わなきゃ人生損損。

 

イケてる看板!!

 

「老祥記」は1915年(大正4年)に神戸でオープンしました。

創業者は 曹 松琪(そう しょうき)さん。

南京町で日本初の豚饅専門店を開業した。それが「老祥記」

現在は4代目の店主だそうだ。

100年もの間、客が絶えることなく、ひっきりなしに売れまくる豚まんである。

なんと1日に1万3000個も売れているらしい・・・

 

私は神戸に行くと必ず「老祥記」に行くのだが、まぁ大体どの時間でも並んでいる。

今回来店したのが8月下旬の日曜日18時ごろ。

行くと大体50人程度並んでいた。

結構並ぶなぁ・・と思ったが、さすが老祥記のスタッフ達。

お客さんをさばいていくのが実に速くてうまい!

10分強並んだだけで、すぐ店内へと入れました。

(あんまり並びたくない人は、夕方が狙い目かも・・・)

ちなみにですが、この老祥記から徒歩30秒圏内に南京町公衆トイレがあります。

並び疲れた人達は、順番にトイレに行くのもアリかも(笑)

 

 

老祥記の豚まんはお持ち帰りの人が多いと思いますが、今回私は店内で食べることにしました。

店内に入ると、まだ並んでいたが、店員さんに「こちらで食べますか?お持ち帰りですか?」

と聞かれたので、はいと答えると、もうテーブル席に座らせてくれた。

豚まんを9個注文し、その場でまず会計。

すると店員さんがお茶を持ってきてくれ、喉の渇きを潤す。

2、3分後おいしいおいしい豚まんがやってきた。

 

テーブルにはしょうゆ・七味・からし・酢などが置いてあり、自由に味のオプションを加えられる。

私のオススメは、豚饅頭withしょうゆ&酢&七味  で頂く形だ。

しょうゆだけだと味が濃すぎるので、ぜひ酢を加えることをオススメする。

 

口に入れた瞬間あふれ出る肉汁。

アツアツ熱々豚まん。

これは食わにゃ損だわ。

 

この感覚は台湾で食べた小籠包に似ている。

ディンタイフォンというお店で食べた小籠包。

(台湾へ旅行へ行ったことのある人なら、必ず知っているであろう有名店)

 

あの時の台湾での感動を、日本でも味わえる。

老舗の名店『老祥記』には必ず行こう!

やはりアツアツを食べて方が美味しいと思うので、できれば店内で食べるのが良いかと思います!!