医者の卵🥚の日常

1mmでも誰かのためになる知識を紹介!

【プロスピa】リアタイで防御率0点台で抑える配球法! 西勇輝投手・ボルシンガー投手編

ど^^も。

今回は、【プロスピa】リアタイで防御率0点台で抑える配球法

について紹介していきたいと思います。

 

リアタイではかなり配球が大事になってきます。

配球次第で、どんなにいい投手を起用していてもコールド負けします。

また、あんまり人気でない投手でも、使い方によっては、バンバン打ち取れます。

 

そこで今回は、西勇輝投手・ボルシンガー投手をピックアップして、配球の仕方を紹介していきたいと思います。

この2選手は持っていれば、リアタイで十分に活躍できるのでぜひ起用して欲しいです。

 

写真も交えて、私なりの配球を紹介します。

私のリアタイの防御率はちゃんと0点台なので、少しはタメになったら嬉しいです!

(ちなみにここ30試合の私の防御率は0.68でした)

 

それでは紹介していきます!

 

西勇輝投手

西投手は2018Seriesと2019Seriesで変化球に差はほとんどありません。

なので今回は、2018Seriesの西投手を例に挙げて配球法を紹介します。

 

微妙に変化するストレートを生かそう

西投手の持ち味は、微妙にシュート変化するストレート。

初見殺しの球ですよね。

リアタイでは、初心者〜中級者相手だと、ストレート5割くらい投げておけば大体打ち取れます。

しかし、中級者〜上級者相手だと、そう上手くはいきません。

そういう相手にはストレートは3〜4球に1球程度投げる割合くらいがちょうど良いと思います。

ストレートの投げる位置としては、右打者相手にならば、

この辺りに、インローぎりぎりストライクに入るところに投げます。

(たまにはインハイぎりぎりに投げたり、インコースのボールゾーンへと投げましょう)

 

アウトコースへは、

このように、ぎりぎりボールになるくらいに投げるのが良いと思います。

ストライクに投げてしまうと、上手い相手ならば、流してホームランを打たれるのでご注意を。

 

左打者の場合は、

インコースからストライクに入ってくるストレートは、案外狙われるとホームラン打たれます。

なので、ストレートは多用せず、高速スライダーを使ったりして相手を惑わせましょう。

 

高速スライダー・カットボールを使い分けて惑わそう

西投手は同方向2球種持ち投手です。

以前よりはスラ・カットが見分けやすくなったとはいえ、たまに使えば騙せます。

また、西投手の場合は、ストレートがシュート気味に変化するため、ストレート・スライダーの使い分けも効果的です。

 

右打者の場合

高速スライダーの投げる位置

このように、アウトコースのボールゾーンへと変化するように投げます。

この時、外野は長打警戒にしない方が良いです。

というのも、この高速スライダーはボールゾーンへ投げても、ひろわれてポテンヒットになる可能性が高いので、外野は普通の守備位置の方が良いと思います。

 

内角に投げたい時は

この位置へ、ストライクに入る高速スライダーと、ボールになるカットボールを使い分けましょう。

ずっと高速スライダーばかり投げていると、狙われてホームラン打たれるので、使う頻度に気をつけましょう。

 

左打者の場合は、

インローから、ぎりぎりボールになるあたりに、

またインハイからは完全にボールになるように、高速スライダーを投げましょう。

というのも、インローならば、ぎりぎりボールに投げるときっちり内野ゴロを打たせることができるのですが、

インハイは多少ボール球でも、外野のポテンヒットを打たれることが多いからです。

きちんと使い分けましょう。

 

 

たまに使え! 縦スライダー・サークルチェンジ

私的に、この縦スライダーは伝家の宝刀です。

ここぞという場面で三振を取れます。

変化量1だからこそ三振が取れます。

 

投げる位置は右打者でも左打者でも同じでインローに投げます。

この位置!

高すぎてもいけません。

2ストライクに追い込んでから、この位置へ縦スライダーを投げましょう。

三振取れる確率大です。

全然変化しないので逆に見逃し三振が取れるのです。

 

サークルチェンジは

この辺りに、きっちりボールゾーンへと投げましょう。

サークルチェンジはストライクに投げると、結構な割合で打たれるので、しっかりとコントロールすることが大切です。

ボールゾーンへ投げれれば、ゴロを打たせることができると思います。

 

ボルシンガー投手

ボルシンガー投手は2019Sereis1になってから、めちゃくちゃ強くなりました。

その理由は、ストレートの変化。

詳しく紹介していきましょう!

 

ストレートとツーシームの使い分けが生命線

2019Sereis1のボルシンガー投手の1番の特徴といえば、

カット変化するストレート、でしょう。

これだけでも打ちにくいのに、さらに逆方向に曲がるツーシームも持っています。

これはなかなか打てません。

 

これらの配球としては、右打者の場合、

ストレートは

このように、ぎりぎりストライクに入る位置に。

 

ツーシームは

このように、ぎりぎりボールになる位置に投げましょう。

この使い分けで、相手は狙い球が絞れません。

 

また、

この辺りに、ストレートとツーシームを投げ分けるのも良いです。

ストレートならストライク、ツーシームならボールになります。

アウトコースに投げ分けるのもたまに用いると、効果的です。

 

左打者の場合も右打者の時と同様、ストレート・ツーシームをインコースに投げ分けて、ストライク・ボールを投げ分けましょう。

 

ストレートを多用していたらめちゃくちゃ曲がって見えるスライダー

ボルシンガー選手のスライダーはそんなに変化量はありません。

しかし、

ストレートの微妙なカット変化に目が慣れていると、このスライダーがかなり曲がって見えます。

投げる位置は、右打者の場合

この辺りにぎりぎりストライクになるように投げます。

 

もしくは、

この辺りに投げて、ボールに投げます。

 

左打者の場合は、インロー・インハイに投げて、ボールゾーンへと曲げるように投げましょう。

 

変化量は少ないがカーソルが合いにくいナックルカーブ

前シリーズより変化量が少なくなったナックルカーブですが、だからこそ打ちにくくもなりました。

右打者の場合

この辺りのボールゾーンに投げるか、もう少し真ん中側に投げて、ぎりぎりストライクに投げるかです。

10球に1球くらいナックルカーブを混ぜる感覚くらいが良いと思います。

 

左打者の場合は、インハイのボールゾーンへナックルカーブを投げるか、ぎりぎりストライクに投げるかを使い分けましょう。

 

ボールゾーンへ投げよう縦スライダー

ストレート・ツーシームばかり投げていても、打ち取れない相手もいます。

そんな時は、縦スライダーを有効利用しましょう。

この時、しっかりとボールゾーンへ投げます。

ストライクに投げると、打たれる危険性大なので気をつけましょう。

投げる位置は、右打者の場合

この辺りに投げます。

アウトロー・インローどちらに投げるのも効果的ですが、しっかりとボールゾーンへと投げ込みます。

左打者の場合も同様に投げましょう。

 

目指せ!防御率0点台!!