医者の卵🥚の日常

1mmでも誰かのためになる知識を紹介!

格安航空『春秋航空』を利用してみた! 安さの裏にはこんなワケが・・・ 荷物重量に注意!!

ど^^も。

今回は、格安航空『春秋航空』を利用してみた! 安さの裏にはこんなワケが・・・ 荷物重量に注意!!

について紹介していきたいと思います。

 

先日、ラスベガスへ旅行へ行ってまいりました!

 

ラスベガスへは成田からの旅程だったために、成田へ行く手段として『春秋航空』を利用しました。

 

ちなみに私は広島から成田へ向かっていたので、

もし新幹線&電車だと、片道で約2万円かかります。

往復だと4万円です。

国内を行き来するだけでもバカにならないですねぇ・・・

 

しか〜し、

私は、格安航空『春秋航空』を利用したため、

往復で1万4千円で広島ー成田間を行き来することができました。

片道7千円って安すぎません!?

学生にとってはめちゃくちゃありがたい航空です。

 

だけどもだけども、

やはりこの安さには裏がありました。

 

まずこちらを見てください。

手荷物についての詳細です。

少し見にくいと思われますので、大事なところをピックアップして述べます。

ちなみに私は運賃タイプはスプリングでした。

 

・お預かりできる手荷物はお一人様3個、合計60kg以下。手荷物1個当たりの重さは30kg以下

・機内持ち込み手荷物は最大7kg

・無料受託手荷物許容量は15kg以下

 

ざっとこのようなことが書かれています。

つまり、上限の重量を超えると、追加料金が取られるということです。

 

私は、この、「お預かりできる手荷物はお一人様3個、合計60kg以下。手荷物1個当たりの重さは30kg以下」という文章を読み違えていました。

 

この文章は、決して、無料、とは書かれていません。

 

ただ単に、飛行機の運賃のみで行き来するには、

・機内持ち込み手荷物は最大7kg

・無料受託手荷物許容量は15kg以下

の条件を満たす必要があります。

 

よって、『春秋航空』を運賃のみで利用するためには(つまり荷物を無料で運搬してもらうためには)

 

・機内に持ち込む手荷物は1個&その手荷物は7kg以下

・機内に預ける荷物(キャリーなど)は1個

・機内に持ち込む手荷物の重量+機内に預ける荷物が15kg以下

 

 となっています。

この

機内に持ち込む手荷物の重量+機内に預ける荷物が15kg以下 

が一番気をつけるポイントです。

持ち込み荷物&預ける荷物が合計で15kgを超えると超過料金がかかります。

 

かくいう私は、

行き道はセーフでしたが、

帰りは、手荷物が5kg、預ける荷物が15kgで、合わせて20kg。

5kgオーバーしてしまっていました。

 

超過重量が0〜5kgまでなら、追加料金が1500円でした。

なので私の場合、本来なら、往復が1万4千円で行けるところが1万5千円かかったことになります。

 

それでも安い!!

 

機内サービスはというと、

1時間30分くらいのフライトであったからかもしれませんが、飲み物サービスはなし。

しかし、機内もそこまで狭くはなく、ぐっすりと睡眠も取れることができました。

また、キャビンアテンダントさんも丁寧な対応をしてくだっさっており、不愉快な思いなんて一切ありませんでした。

 

 

なので、格安航空『春秋航空』を利用した感想をまとめると・・・

 

・本当に安い交通手段

・新幹線の約半分の値段で東京まで行ける!

・海外旅行の際や、長期間の旅行の際は、キャリーケースの重さに注意!

・フライトはGOOD!!

 

国内線を利用する際は、一度『春秋航空』を利用してみてはどうでしょうか!?