医者の卵🥚の日常

プロスピAメインのブログ・時々医学・・・・

【プロスピA】リアタイで防御率0点台で抑える投球術 〜外木場義郎投手編〜 現リアタイ環境でNO.1投手か!?

ど^^も。

今回は、【プロスピA】リアタイで防御率0点台で抑える投球術 〜外木場義郎投手編〜 現リアタイ環境でNO.1投手か!?

について紹介していきます。

 

リアルタイム対戦。

盛り上がっていますネェ。

最近では球聖・球王の方と対戦することもシバシバになってきました。

それほど皆さんやり込まれております。

 

そんな強者たちにも通用する投手がこちら。

外木場義郎投手(通称:ソトコバー)

 

今では、リアタイをやっていると1日に1回は外木場投手と対戦します。

それほど皆さん使用されている投手です。

私もしっかり起用しています。

 

まぁそれでは外木場投手の配球法などについて紹介していきましょう!

 

外木場投手の球種解説 

まずは、NOWで私が使っている外木場投手を載せます。

私はSランクを持っていないので、Aランクの外木場投手を使用しています。

それでもリアタイで猛者達を十分打ち取ることができます。

私のAランク外木場投手は

がっつりAランクです。

Aランク限界突破コーチを5枚使い、また特訓をMAXにしたため、

スピリッツが2650まで上がっています。(それでもめちゃくちゃスピ負けしますが)

 

第1球種

綺麗ですね。

たった2球種しかありません。

ストレートとナックルカーブ。

ただ変化量はMAX-1の大きさなので、相当曲がります。

2019Sereis2のハーマン投手のナックルカーブと同変化量ですが、外木場投手の方が球威があるので、よりキレ良く曲がります。

 

第2球種

これまた1球種しかないです。

球威A、微変化のナックルカーブ。

変化球がこれしかなかったらただ打たれるでしょう。

だがしかし、第1球種の方のナックルカーブと同球速なので、これらを組み合わされると全く見分けがつかず、打てません・・・

 

配球の仕方

それでは外木場投手の配球の仕方を紹介します。

以降、2種類のナックルカーブをデカデカナックルカーブとチビチビナックルカーブと表記します。

VS右打者

 

デカデカナックルカーブを投げる位置

デカデカナックルカーブを投げる位置はいくつかあります。

ここに投げると、ギリギリインハイにストライクになります。

かなり落ちるのでいきなり投げると相手もビックリです。

 

続いてこちら

ここに投げると、ボールなのにかなり相手打者は振ってくれます。

アウトハイへはしっかりとボールゾーンへと投げましょう。

ストライクになってしまうと、流し打ちでホームランの可能性が出てきます。

 

そしてこちら

このゾーンはチビチビナックルカーブと併用して投げ分けます。

見せ球です。

振ってくれればゴロ打たせることができます。

 

チビチビナックルカーブを投げる位置

続いてチビチビナックルカーブ。

高めのギリギリストライクorボールに投げる時。

このコースは空振りか凡フライを打ち上げてくれがちです。

 

続いてはこちら

ここはデカデカナックルカーブと使い分けます。

デカデカならストライクに、チビチビならボールになるコースに投げます。

 

続いてはこちら

えっ

そんな曲がらんのかーい、とツッコミたくなるくらいのコースに投げます。

見逃しでストライクが取りやすいゾーンです。

ここもデカデカナックルカーブと使い分けるゾーンになります。

 

たまに投げるストレートは高めに!(VS右・左共通)

ごくたまにストレートを投げてみましょう。

なかなかホームランは打ちにくいと思います。

インハイ〜真ん中高めに投げます。

アウトハイだと流しでホームラン狙われるので控えます。

大体の方が詰まってくれますね。

 

 

VS左打者 

続いてVS左打者の配球を紹介していきます。

あまりVS右打者と変わらないところもあるので、先ほどよりはハショって述べます。

 

デカデカナックルカーブを投げる位置

このゾーンがメインとなるところ。

ファーストゴロを量産できるゾーンとなります。

振ってしまうんですよねこのゾーンは・・・

 

続いては

ここはチビチビと使い分けるゾーン。

きちんとボールに投げましょう。

 

続いては

外角ギリギリにストライクに入れるところ。 

ただ、このゾーンは狙われると簡単にホームランを打たれるところです。

慎重に投げましょう。

 

チビチビナックルカーブを投げる位置

VS右打者の時と同じ。

高めのストライクorボールゾーンへギリギリに投げます。

 

続いては

この位置はギリギリストライクになるゾーン。

インローギリギリに投げ込みましょう。

 

続いては

デカデカと思わせておいて、全然曲がって来ないチビチビ。

空振りも誘えますね。 

 

外木場投手の起用法

外木場投手は

先発適性がS、中継ぎ適正がEです。

なので限界突破を最後まで行うと、中継ぎでも起用できます。

外木場投手の起用法としては、個人的には中継ぎでのワンポイントリリーフがオススメです。

 

Sランク外木場投手を所持しているプレイヤー

Sランクの外木場投手を限界突破最後まで行うのは厳しいと思います。

したがって先発での起用となるでしょう。

Sランクだとスピ負けもしないため、ストレートも球威勝ちすることも多いと思います。

2回まではもつと思います。

打たれてきたら投手を交代して、ガラッとツーシーム・SFFの配球が使えるマシソン投手などで相手をてんてこ舞いにしましょう。

 

Aランク外木場投手を所持しているプレイヤー

Aランク外木場投手は限界突破コーチを使って、MAX限界突破しましょう。

そして中継ぎで起用することをオススメします。

先発が打たれてきたところで、ピンチ時にこの外木場投手にスイッチ。

まぁまず打たれません。

最強の中継ぎ投手です。

 

結論!

結論として

外木場投手は現リアタイ環境でNO.1投手だと思います。

特に私は中継ぎとして重宝しています。

マジで打たれません。

私が紹介した配球が全てではありません。

どんどん自分なりの配球を開発してみてください。

配球をしっかりマスターすれば、必ず相手打者を打ち取れます!!